Repeater

IEEE-1394およびAS5643接続ソリューション
DapTechnologyは、SAE AS5643対応の一連の強力な相互接続製品を提供しています。ケーブル、ハーネス、シングル/マルチバスリピータ(copper/opticalリピータ(COR))、メディアコンバータ(copper/opticalリピータ(COR))まで幅広く対応しています。
リピータの使用に関する考慮事項
IEEE-1394では、ケーブル長が限られています。AS5643は、トランスフォーマを追加することにより長さを大幅に拡張し、ケーブルおよびコネクタのタイプを定義します。それでも、これは十分ではないので、リピータはケーブルを追加するのに非常に便利です。リピータは通常、1394 PHYレイヤデバイスを使用して構築されるため、リピータエレメントの数は、単一の1394バス(つまり63)上のデバイスの合計数、単一チェーン内のデバイス数(つまり16)、および使用可能なバスパワー(AS5643の実装ではリピータがセルフパワーである場合は該当しません)で制限されます。インライン拡張の場合、通常、リピータはパススルー構成、つまり同じPHY上の異なるポートに接続されたエンクロージャのいずれかの側のコネクタに組み込まれています。

データシートダウンロード


AS5643対応リピータ

AS5643 リピータ

概要
Dap Technologyは様々なリピータモデルとしてを25種類の異なる構成を構築してきました。シンプルなパススルー・ノードの交換など要件はさまざまな航空宇宙プログラムによって増加しました。これらは、マルチバス構成から光ファイバおよびEMI硬化ソリューションにまで及んでいます。
今までこれらのリピータプロジェクトは、特定の既製の設計に由来するカスタムソリューションとして厳密に扱われ、実際にはCOTS(commercial off-the-shelf) ではありませんでした。新しい顧客の要件に関連するエンジニアリングは、常にある程度ありましたが、非常に多くの異なるコンフィギュレーションを構築する実績をつむことができました。最も使用されている構成をカバーする部品体系をまとめまCOTS製品として提供する準備ができています。もちろん追加要件があればリピータプロジェクトとしてて個別のユーザカスタム製品として対応します。

特徴
• Copperベースのトランスフォーマとの1394接続
• 12V入力電源、強化電源を含む
• 拡張電源スイッチおよびLED
• Diecast aluminum enclosure
• 保護キャップとストラップが付いているすべてのニッケルメッキアルミニウムコネクター
• 回路基板に適用されるコンフォーマルコーティング


Copper-Optical リピ―タ

Copper-Optical Repeater (COR)
概要
CORは、必要な距離がCopperベースの配線でカバーできる長さを超える場合に非常に有用なソリューションとしてOpticalへ変換します。
以下に例を示します。テスト対象デバイス(DUT)をFireMatrixシステム(9バス)に接続し、DUTをEMI試験チャンバ内に配置します。その距離はCopper配線でカバーするには長すぎます。さらに、メディアコンバータはDUTに非常に近く、テストチャンバ内になければならず、CORにEMIフットプリントを残さずにバッテリ駆動が必要でした。
そのため、通常のトリプルバスCOR、対応するトリプルバスEMI-CORと必要なすべてのハーネスを構築しました。

これはメディア変換で何ができるのかの例に過ぎません。シングルおよびマルチバスのCORは常にカスタムソリューションです。既存のビルディングブロックを利用できますが、エンクロージャーと接続性は、常に顧客と協力して設計し提供することが可能です。